So-net無料ブログ作成
24時間テレビ 大島美幸 マラソン ブログトップ

24時間テレビ 大島美幸 マラソン [24時間テレビ 大島美幸 マラソン]

「24時間テレビ36 愛は地球を救う」 で、「森三中」 の 大島美幸さん がチャリティーマラソンを完走し日本武道館に到着。

大島さんは番組放送時間内にはたどり着けなかったが、森三中のメンバーに出迎えられて会場に入り午後9時20分にゴールテープを切った。

大島美幸 「ブスの瞳が恋されて」

ゴールした大島さんは「遅れてしまってすいませんでした。待ってていただいて、ありがとうございます」 と語る。

嵐の松本潤さんは「感動しました。俺らでタピオカミルクティー飲もう」 と出迎え、女子サッカーの澤穂希選手は「かっこよかったです。あきらめない心教わりました」 との言葉を贈った。

大島さんは「2度ほど泣いた」「ここまで走らせてくださってありがとうございました」 とコーチらマラソンチームに感謝してました。

チャリティーマラソンの、女性ランナーとしては最も重い体重88キロからの挑戦。5月のオファー時から、15キロ減の73キロを目標体重に設定してトレーニングを開始。

6月のイベント時には7キロ減、7月には12キロ減と順調に体重を減らす。オファー時の88.4キロから、16.7キロのダイエットに成功し71.7キロでマラソンに臨んでいた。

大島さんの、練習総走行距離は88キロ。マラソンは、午後7時過ぎにスタートしました。

チャリティーマラソンは92年から行われていて、09年はイモトアヤコさんと10年ははるな愛さんがランナーを務めた。

11年は番組史上最高齢のランナー、徳光和夫さんが挑戦。昨年は佐々木健介さんと北斗晶さんら一家4人が、史上初のリレー形式でランナーとなった。

「ニッポンって…?~この国のかたち~」をテーマに、メーンパーソナリティーを2年連続で「嵐」が務めました。

羽鳥慎一さんと桝太一アナウンサーが総合司会、上戸彩さんもチャリティーパーソナリティーとして出演した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
24時間テレビ 大島美幸 マラソン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。