So-net無料ブログ作成
AKB48 MVP ブログトップ

AKB48 MVP [AKB48 MVP]

AKB48 は、全国5都市を回る 「ドームツアー」 を行い約40万人を動員して根強い人気ぶりを証明。一方、篠田麻里子、板野友美、秋元才加の中心メンバー3人が卒業しました。

華やかで存在感が大きかった3人が抜けた穴は小さくないです。ツアーでは研究生がグループ総監督の高橋みなみに 「MVP」 と認められるなど、若手のはつらつとしたパフォーマンスが印象を残す。

恋するフォーチュンクッキー

AKB48の懸案になっている 「世代交代」 への流れは、今後加速しそうですね。

ドームツアーでは、7月の福岡公演で篠田、8月の東京公演で秋元と板野の卒業セレモニーが行われ、それぞれ直後の東京・AKB48劇場での公演を最後にグループを離れた。

3人は、2005年末から06年初めにかけての1~2期生。知名度が低い時代から、中心メンバーとしてグループを引っ張ってきた 「功労者」です 。

「絶対的エース」 と呼ばれた前田敦子が卒業したのが昨年8月。それからの1年間で、篠田や板野、河西智美ら1~3期のメンバーを中心に10人以上がグループを去りました。

現在、AKB48のメンバーと研究生は計80人以上いるが、1期生は3人、2期生は4人、3期生は6人と、非常に少ないです。

1期生の高橋は「(1期生の) 我々は化石です」 と表現し、3期生の柏木由紀は 「(同期が) こんなに減っちゃって寂しい」 と思いを明かす。

グループの 「若返り」 が進む中、運営サイドは若手や研究生に多くの光が当たるように腐心しているようです。

ドームツアー中には、AKB48と姉妹グループの注目の研究生による新ユニット「てんとうむChu! 」 がお披露目されたほか、AKB48の研究生16人を昇格させて新たな 「チーム4」 を発足させてます。

「ポニーテールとシュシュ」 などAKB48のヒット曲をメドレーで歌う 「選抜メンバー」 に、若手注目株の川栄李奈、入山杏奈、加藤玲奈を連日起用。

こうした動きに呼応するように、若手や研究生はツアーで力強いパフォーマンスを披露していた。特に研究生は3~4万人台の観客の前でも臆することなく、歌やダンスに全力投球。ですね。

東京公演では、高橋に 「ツアー序盤のMVP」 と言わせたほどだった。
若手も含め成長のプロセスで一般的な知名度が上がっていけば、グループをけん引する原動力の一つになりそうですね。
AKB48 MVP ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。