So-net無料ブログ作成
宮崎監督 ベネチア ブログトップ

宮崎監督 ベネチア [宮崎監督 ベネチア]

スタジオ・ジブリの 宮崎駿監督 が、長編映画の製作から引退。星野康二社長が、開催中の 「第70回ベネチア国際映画祭」 の会見で明かした。

半世紀にわたってアニメに携わり、監督としても約40年活動し世界中の子どもたちやアニメファンに夢を与えてきた。現在公開中の 「風立ちぬ」 が、長編映画として最後の作品となる。

風立ちぬ
【送料無料】風立ちぬCARD COLLECTION PREMIUM

【送料無料】風立ちぬCARD COLLECTION PREMIUM
価格:900円(税込、送料込)


宮崎監督は、アニメ制作会社の東映動画に入社。間もなく頭角を現し、高畑勲さんらと 「太陽の王子 ホルスの大冒険」 などを手がけた。

その後、いくつかの制作会社を経て 「アルプスの少女ハイジ」、「未来少年コナン」 などに携わり、「ルパン三世 カリオストロの城」 で初めて劇場版アニメの監督を務めた。

「風の谷のナウシカ」 でアニメ作家として広く知られるようになり、85年にスタジオジブリを設立。「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」、「もののけ姫」 など数々のヒット作を手がけた。

2001年の「千と千尋の神隠し」 は、アカデミー賞の長編アニメ賞やベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞など数々の賞を受け、興行収入も国内歴代最高の304億円を記録した。

「崖の上のポニョ」 以来、5年ぶりの作品が 「風立ちぬ」。実在のゼロ戦の設計者・堀越二郎の生涯と、堀辰雄の小説「風立ちぬ」 をイメージした作品。

公開から6週連続で観客動員ランキング首位を獲得しており、37日間の累計で動員640万人、興行収入80億円を突破している。

宮崎監督は、初めて自分の映画で涙を流したことを告白。鈴木敏夫プロデューサーも、作品を 「宮崎監督の遺言」 と発言が話題を集めた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
宮崎監督 ベネチア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。