So-net無料ブログ作成
宮崎駿監督 引退 風立ちぬ 最後 ブログトップ

宮崎駿監督 引退 風立ちぬ 最後 [宮崎駿監督 引退 風立ちぬ 最後]

アニメ映画の巨匠・宮崎駿監督。 現在大ヒット公開中の、 「風立ちぬ」 が最後の長編アニメとなる。「今回は本気です」 と会見で引退を “公約” し、自ら退路を断った。

ベネチア国際映画祭のコンペティションにも参加している 「風立ちぬ」 だが、宮崎監督の引退劇で最高賞・金獅子賞獲得に思わぬ暗雲がたちこめそうですね。

風立ちぬ 宮崎駿監督作品
【送料無料】風立ちぬ

【送料無料】風立ちぬ
価格:950円(税込、送料込)


ベネチアで引退を発表し、引退会見と二段重ねの引退劇。ベネチアの審査発表を2日後に控え、世界13カ国と地域の海外メディアを含む報道陣約600人が集まった。

スタジオジブリの大番頭、鈴木敏夫プロデューサーは、「宮さんには外国の友人が多いので一度の発表で済むし、先に引退を発表して後で会見した方がスムーズだと思った」 と説明した。

会見の様子はベネチアにも届き、地元メディアからは 「どんな仕事であっても続けてほしい」 と今後の創作活動に期待する声が相次いだ。

これが最後の宮崎アニメ-とのインパクトで、映画興行は絶好調。配給の東宝によると、公開48日間となる時点で、興行収入92.3億円、動員数747万人を記録。

「さらにベネチアでのグランプリ (金獅子賞) がいただければ…」 と、興行にも期待がかかる。

宮崎監督は「やりたいことはありますが、やれなかったらみっともないので言いません」 と、会見で語ったチャレンジしたいことがある限り創作意欲に火が付くのがクリエイター。


宮崎駿監督 引退 風立ちぬ 最後 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。