So-net無料ブログ作成
キャプテンハーロック 舞台挨拶 ブログトップ

キャプテンハーロック 舞台挨拶 [キャプテンハーロック 舞台挨拶]

マンガ家の松本零士さん が、劇場版アニメ「キャプテンハーロック」 の初日舞台あいさつに登場。原作者の松本さんは、約500人の観客。

舞台あいさつには、今作で声優を務める俳優の小栗旬さん、三浦春馬さん、荒牧伸志監督も登場。主人公のハーロックを担当した小栗さん。

松本零士が教えてくれた人生の一言

松本さんは「私は年を取りません。宇宙の時間は無限大ですから、これからもみなさんと一緒に船出をして、ドクロの旗を翻して旅をしたい」 と宣言し、今後もマンガを描き続けることを約束した。

小栗さん「いつまでも憧れの存在であるハーロックをやれたことは光栄」 と語り、初対面だという松本さんについては 「興奮しますよね。おそれ多い感じです」 と感激を伝えた。

「ハーロック世代」 だという荒牧監督は「こういう距離で、(松本さんの) 言葉を聞けるだけで幸せ」 と感動していた。

「第70回ベネチア国際映画祭」 に、松本さんと出席した三浦さんは初対面時の松本さんの印象を「優しい雰囲気を感じる方。一番思ったのは先生の肌つやがいいことだった」 と、「年を取らない」発言を裏付けて会場を盛り上げた。

松本さんは「戦後の食糧難のせいで、(体が) 小さいんですよ。私の世代は小さい。成長期に食べていれば、皆さんくらい (身長が) あった。うらやましい」 と、声優を務めた2人のイケメンを見上げて笑いを誘っていた。

テレビアニメが放送され、82年には若き日のハーロックを描いた劇場版アニメ「わが青春のアルカディア」が公開された。続編のテレビアニメ「わが青春のアルカディア 無限軌道SSX」が放送された。

劇場版アニメ「キャプテンハーロック」 は、9月7日に全国公開。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
キャプテンハーロック 舞台挨拶 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。