So-net無料ブログ作成
セーラームーン 舞台 ブログトップ

セーラームーン 舞台 [セーラームーン 舞台]

アニメ「美少女戦士セーラームーン」 を原作とした、ミュージカル 「美少女戦士セーラームーン-La Reconquista-」 が、AiiA Theater Tokyoにて幕を開ける。

公開舞台稽古が始まり、キャストは本番そのままの熱演を披露。セーラー戦士とタキシード仮面がダーク・キングダムと戦う様が、華やかな歌と踊り、そしてアクションを交えて描き出される。

ミュージカル美少女戦士セーラームーン

主題歌「ムーンライト伝説」 を担当するももいろクローバーZが、劇中に映像で出演することも発表された。メンバーのうち1名が日替わりで、それぞれの個性を生かしたキャラに扮して登場する。

「美少女戦士セーラームーン」 のミュージカルは、1993年から2005年までに27作品800公演以上が上演されたロングラン作品。

実に8年ぶりの新作となる 「-La Reconquista-」 は、キャストが全員女性であることでも注目を集めている。

初演前には囲み取材が行われ、セーラームーン役の大久保聡美、セーラーマーキュリー役の松浦雅、セーラーマーズ役の七木奏音、セーラージュピター役の高橋ユウ、セーラーヴィーナス役の坂田しおり、タキシード仮面役の大和悠河が登場。

宝塚退団後、男役を演じるのは4年ぶりという大和は「宝塚時代の男役をさらに進化させて取り組んだ」 と意気込みを見せる。

松浦は「小さい頃にセラミュを見たことが、バレエを習うきっかけになった。とても思い入れある作品です」 としみじみ。

坂田は緊張しながら会場に足を運んだといい「不安になって(セーラー戦士の皆に) メールを送っちゃいました」 と、セーラー戦士同士の絆の強さをうかがわせた。

主役の大久保は「衣装がキラッキラでワクワクしてます。このままマンガに潜り込みたい!」 と興奮を伝えつつ、「見にきてくれないと、月にかわっておしおきよ!」 とポーズを決めた。
セーラームーン 舞台 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。