So-net無料ブログ作成
前田敦子 タイムマシンなんていらない シング ブログトップ

前田敦子 タイムマシンなんていらない シングル [前田敦子 タイムマシンなんていらない シング]

前田敦子さん は、3枚目シングル「タイムマシンなんていらない」 をリリース。“絶対エース” として輝きを放ったAKB48を卒業してから1年が経過。

演技に歌に全力投球する毎日を送るあっちゃん。“理想の未来” を語り、夢の大女優への道を歩む。自身の立場を、驚くほど冷静に分析してます。

タイムマシンなんていらない

前田さんが、卒業後に最初に “演じた” のは、CS放送の音楽チャンネル「MUSIC ON! TV」 内で放送される短編スポット企画のキャラクター。

食っちゃ寝を繰り返す、“ぐうたら” 「タマ子」。秋編から季節ごとに撮影を行い、最後となる夏編を5月に撮り終わった。その段階で、「もらとりあむタマ子」 として映画化が決定した。

前田さんの、「少しずつ」 という思いは、CD発売のタイミングにも表れている。「タイムマシン‐」 は、前作の 「君は僕だ」 から1年3カ月ぶりのリリースとなる。

「でも、作るのに全部で3カ月ぐらいはかかってるので、久しぶりという感覚は特にないんですよね」、1つの仕事に時間をかけて取り組む。

前田さんは、AKB時代と、現在との大きな違いという。東京ドーム公演でAKBメンバーとして過ごした約6年半を 「青春のすべてでした」 と総括した。

今の楽しみは 「30歳になった自分」 という。「もう、楽しみなんですよ~」 と、指で机を軽くたたきながら “理想の未来” を語った。

あどけなさは消え、少しずつ “女優” の顔に変わりつつある。30歳になった際の取材を “予約” すると、いたずらっぽい笑顔で快諾し付け加えた。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
前田敦子 タイムマシンなんていらない シング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。