So-net無料ブログ作成
キタキツネ物語 35周年リニューアル版 映画 ブログトップ

キタキツネ物語 35周年リニューアル版 映画 [キタキツネ物語 35周年リニューアル版 映画]

「キタキツネ物語」 の、リニューアル版「キタキツネ物語 35周年リニューアル版」 が全国で公開中。35年前に、日本初の “動物大作 映画” として公開された。

230万人も動員して大ヒットとなったが、劣化してしまった。そのフィルムを、ハリウッドのラボに持ち込んで最新技術で高画質化。

キタキツネ物語
【送料無料】キタキツネ物語

【送料無料】キタキツネ物語
価格:1,575円(税込、送料込)


声の出演と音楽は一新し、ナレーションは西田敏行さん。声の出演は佐藤隆太さんと平野綾さんで、平野さんは挿入歌も担当。

主題歌は山崎まさよしさんの 「道」 で、オリジナル版でチーフ助監督を務めた三村順一監督が手がけた。

北海道オホーツクで、流氷に乗って1匹のキタキツネがやって来た。名は、アイヌ語で 「赤い獣」 という意味を持つフレップ。

やがてレイラと結ばれ、5匹の子宝に恵まれる。その様子を、大地に根を張る柏の木が見守っている。大自然の厳しさ、餓えや人間による狩猟と闘いながら、家族を守るフレップ。

短い夏が終わるころ、子どもたちを独り立ちさせる時期がきた。フレップは子どもたちにキバをむき、ここから出て行けと追い立てる。

オホーツクの原野を舞台に、キタキツネの一家の子育てと子別れが描かれている。一家を見つめる柏の木になった、西田さんのナレーションが味わい深い。

キツネの擬人化には違和感も感じるが、小さな子どもたちが見るには分かりやすいかもしれない。当時アナログカメラの望遠レンズでキツネの疾走を追うのは、さぞや苦労したそうです。

フィルムの映像に今風のせりふとときどき今風の音楽がかぶり、歳月の流れを感じさせる。4年をかけて撮られた映像が、フィルムの色調の優しさはそのままで最新技術によってよみがえってきます。

四季の移ろいも、余すところなく映し出されている。地球温暖化の影響で、オホーツクの流氷も減少していると聞きます。

フレップがいたころの、環境ではなくなっていることを思いながら観賞すると感慨深いですね。

「キタキツネ物語 35周年リニューアル版」は、19日から全国で公開中!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
キタキツネ物語 35周年リニューアル版 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。