So-net無料ブログ作成
東京ドラマアウォード グランプリ ブログトップ

東京ドラマアウォード グランプリ [東京ドラマアウォード グランプリ]

NHK連続テレビ小説 「あまちゃん」 が、優れたテレビドラマを表彰する 「東京ドラマアウォード2013」 の連続ドラマ部門のグランプリを受賞した。

主演の能年玲奈さんが主演女優賞、小泉今日子さんが助演女優賞、宮藤官九郎さんが脚本賞を受賞するなど同アウォードで7 冠を達成した。

連続テレビ小説 あまちゃん Part1

「東京ドラマアウォード」 は、市場性や商業性にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ” をコンセプトに優れたテレビドラマを表彰する賞。

日本のドラマの海外発信を目的とした 「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」 の、メインイベントとして開催されており今年で6回目。昨年は 「家政婦のミタ」 がグランプリに輝いた。

「あまちゃん」 は、岩手県の架空の田舎町・北三陸市や東京を舞台に、内気で引きこもりがちだった主人公・アキが海女やアイドルとして活躍しながら成長する姿を描いたドラマ。

今回の受賞対象期間は12年7月1日~13年6月30日。授賞式には、能年さん、小泉さん、宮藤さんらが登壇。

グランプリや主演女優賞、助演女優賞、脚本賞のほか、チーフ演出の井上剛さんが演出賞、訓覇圭プロデューサーがプロデュース賞、音楽を担当した大友良英さんが特別賞を受賞した。

能年さんは「私が生きてきた中で一番の作品。大先輩に囲まれ、同世代の子たちと共演できて、勉強できて、楽しかったです。すてきなすごい方とお仕事させていただいて、全員でとれた賞。撮影から2カ月たって “あまロス” におちいっています」 と語った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
東京ドラマアウォード グランプリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。