So-net無料ブログ作成
黒執事 映画 水嶋ヒロ 主演 ブログトップ

黒執事 映画 水嶋ヒロ 主演 [黒執事 映画 水嶋ヒロ 主演]

水嶋ヒロさん が主演を務め、剛力彩芽さん、山本美月さん、優香さんらが出演する映画「黒執事」 の 予告編 が公開された。

原作は月刊『Gファンタジー』 で2006年から連載中の枢やなの同名コミックで、水嶋さんにとって俳優復帰第1作目となる作品。

Hiromode 水嶋ヒロのフォトスタイルブック
【送料無料】Hiromode [ 水嶋ヒロ ]

【送料無料】Hiromode [ 水嶋ヒロ ]
価格:1,980円(税込、送料込)


水嶋さんは、知識、教養、立ち居振る舞い、料理の腕前から戦闘能力に至るまで、すべて完璧で冷酷な美しい執事・セバスチャン役で、3年ぶりの主演に挑む。

そのセバスチャンと見事なコンビネーションを見せる主人・幻蜂清玄 (汐璃) 役には、初の男装の麗人役となる剛力彩芽さん。

清玄の叔母・華恵役に優香、幻蜂家の使用人・リン役に山本美月さん、遺体運搬人の葬儀屋ジェイ役に栗原類さんといった豪華俳優陣が名を連ねる。

「"あの日" から私は、坊ちゃんの忠実なる下僕。あなたが願うなら、どんなことでも致しましょう」 という、セバスチャンの語りからはじまる 予告編。

冒頭から、複数の敵を一挙になぎ倒す迫力のシーンがスタート。クランクインの4カ月前から、トレーニングに励んでいたという動き。

原作における、セバスチャンをリアルに演じることへのこだわりが垣間見られる。終盤では、「さて、覚悟はよろしいですね」 のセリフから怒涛のアクションが展開。

通称「悪魔の呪い事件」 と呼ばれる "連続ミイラ化怪死事件" と、時を同じくして起こった少女の失踪事件を結ぶ 「黒い招待状」 の存在についても描写。

招待状に刻まれた刻印は、幻蜂清玄 (汐璃) が抱える "壮絶な過去" にも結びつく。時間、場所を隔てて起こる複数の事件の黒幕とは。

セバスチャンが清玄に仕える目的とは。張り巡らされた伏線と、数々のアクションシーンが 『黒執事』 の豪華な世界観を形作る。

映画「黒執事」は、2014年1月18日から公開。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
黒執事 映画 水嶋ヒロ 主演 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。