So-net無料ブログ作成
花燃ゆ 大河ドラマ ブログトップ

花燃ゆ 大河ドラマ [花燃ゆ 大河ドラマ]

2015年のNHK大河ドラマが、オリジナル作品の 「花燃ゆ」 に決まる。幕末の長州藩士で思想家の吉田松陰の妹・文が、主人公としてクローズアップ。

松陰は明治維新で活躍した志士たちを育てた人物として有名だが、その妹・文は一般には無名に近い人物で資料も少ない。

幕末の風雲児に乾杯 坂本龍馬・高杉晋作・吉田松陰で幕末ビアジョッキ

文は、天保元(1830)年に生まれた杉虎之助(のちの吉田松陰) の13年後に杉家の四女として誕生。安政3(1856)年に松下村塾に入門した長州藩の尊王攘夷派の中心人物・久坂玄瑞と翌年結婚。

久坂は杉家で過ごすことになるが安政6(1859)年に兄の松陰は処刑され、元治元(1864)年には夫の久坂が「禁門の変」で自刃するという不幸に。

夫を失った文は毛利家に仕え、長州藩最後の藩主・毛利元徳の長男・元昭の守役に抜てき。その後は美和子と名を変え、亡き姉の夫だった群馬県初の県令(現在の県知事) の楫取素彦の妻となる。

群馬の産業、教育の近代化に寄与した楫取は男爵となり、美和子は華族の妻として生きていき、大正10(1921)年に死去する。文には子どもはなかった。

ドラマの制作統括を務める土屋勝裕さんは、過去に 「篤姫」「龍馬伝」 といった幕末を舞台とした大河ドラマを担当してきた。

井上真央さんが演じる文って誰なのか。高杉晋作や伊藤博文ら、松陰主宰の松下村塾の塾生たちから可愛がられた文の目線で激動の時代を描く。

「花燃ゆ」 というタイトルには 「命を燃やし、情熱を燃やし、恋の炎を燃やす」と いう意味を込めたというそうです。

明治維新の志士を育てた松陰が物語の中心になることから “教育” も一つのテーマとなり、松陰の志を継いだ若者の青春群像としても楽しめる内容を目指す。

「花燃ゆ」 の放送は、15年1月から。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
花燃ゆ 大河ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。