So-net無料ブログ作成
小さいおうち 黒木華 ブログトップ

小さいおうち 黒木華 [小さいおうち 黒木華]

山田洋次監督の「小さいおうち」 で、第64回ベルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞) を受賞した 黒木華さん が帰国。

黒木華さんは黒のワンピース姿でトロフィーを持って登場。映画祭のコンペティション部門に出品され、「演技力が群を抜いていた」と評価された。

「小さいおうち」 オリジナル・サウンドトラック

日本人の最優秀女優賞は左幸子さん、田中絹代さん、寺島しのぶさん以来4年ぶりで4人目、最年少での受賞となった。

「山田監督が(当時のことを)忘れてほしくないという思いで撮った映画。私は女性なのでそこを評価して(女優賞を)くださったことがうれしい」 と謙虚に語った。

女中役を演じた黒木さんは、記者から劇中でのキュートなかっぽう着姿を褒められると 「ありがとうございます」 とはにかむ。

「ラッキーアイテムなのかな。映画で使ったものをいただいたのですが、すごく便利でおなかも冷えないし、服も汚れないし、みんな使えばいいのにな。ブームが来ている」 と笑顔でかっぽう着を勧めた。

山田監督の反応については 「自分の作品に出ている役者が賞を取って喜んでいるのを見るのがうれしいとおっしゃっていた。監督が喜んでくださったのがとてもうれしい」 と笑顔を見せた。

黒木さんを 「今時の女性じゃない」 と言っていたと聞くと、「そういうふうに思っていただけたお陰で(今回の役の) タキちゃんができたので、やったな」 と語った。

作家・中島京子さんの直木賞受賞作を山田監督が映画化。黒木さんは、松たか子さん演じる平井時子の家に奉公した布宮タキを演じた。

「小さいおうち」 は、東京郊外で起こった男女の恋愛事件の真実を、昭和と平成の二つの時代を通して描くラブストーリー。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
小さいおうち 黒木華 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。