So-net無料ブログ作成
家路 松山ケンイチ ブログトップ

家路 松山ケンイチ [家路 松山ケンイチ]

松山ケンイチさんと内野聖陽さんが 映画「家路」 の完成披露試写会に登場し、同作が出品された第64回ベルリン国際映画祭に参加。

映画は、東日本大震災後の福島を舞台に故郷への帰還と家族の再生を描きます。

キネマ旬報 松山ケンイチ「家路」

内野さんは、松山さんが現地には行けなかったため 「客席のドイツ人女性から 『ケンイチくんはいないんですか?』 って聞かれた」 というエピソードを披露。

松山さんは「サクラじゃないんですか?」 と疑いつつ、「うれしいです」 と笑顔。内野さんは「ちょっと不愉快でしたけど。うそです」 とジョークで笑わせた。

久保田監督は「ケンイチはすごく大人。僕とは25歳くらい年が違うが、同級生や先輩と話しているような気になる。こうだと思ったら、まったくブレない。ウッチー(内野さん)はその真逆。たえず悩んで、すごく深く考える。揺れながら答えを見いだしていく」 と。

「実は、それぞれの役柄がまさしくそういう人物なので、本当にそこに生きているというように感じていただけると思う」 と作品をアピールした。

3月11日以降放射能の影響で立ち入りができなくなった警戒区域内が故郷の沢田次郎は、高校2年のある事件以来家を出て故郷に帰っていなかった。

しかし誰も住めなくなった故郷の町に帰ることを決心し、汚された土を耕し暮らし始める。兄の総一役を、内野さんが演じています。

内野さんは松山さんを「ケンちゃん」 と呼び、2人はたびたび笑顔で顔を見合わせるなど、ステージ上では仲のよさが伺えた。

映画「家路」 は、3月1日公開予定。

家路 松山ケンイチ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。