So-net無料ブログ作成
猫侍 北村一輝 映画 ブログトップ

猫侍 北村一輝 映画 [猫侍 北村一輝 映画]

個性派俳優の 北村一輝さんの、 映画版「猫侍」 が公開された。2013年10~12月にドラマ版が先行放送され、“猫侍” 斑目久太郎を演じた。

舞台は幕末の江戸時代で、コワモテの剣豪が猫との出会いを通して変わっていく姿と猫派VS犬派の抗争を描き出す。

ドラマ「猫侍」
【送料無料】ドラマ「猫侍」DVD-BOX [ 北村一輝 ]

【送料無料】ドラマ「猫侍」DVD-BOX [ 北村一輝 ]
価格:7,022円(税5%込、送料込)


ヒロインを蓮佛美沙子さんが演じ、寺脇康文さんや温水洋一さんらベテラン勢が脇を固める。「マメシバ一郎 フーテンの芝二郎」「幼獣マメシバ」 などのスタッフが手掛ける。

時は幕末で斑目久太郎は、妻子を故郷に残して江戸で暮らす。“まだら鬼” の異名を持つ剣豪だが、今や浪人の身となり傘張りで生計を立てている。

ある日犬派・米沢一家の若頭・三郎太がやって来て、敵対する猫派・相川一家の親分が可愛がっている猫の暗殺を依頼される。

金につられて仕事を引き受けた久太郎は相川の屋敷に忍び込み猫を斬ろうとするものの、そのあまりの可愛さにやられてこっそり家に連れて帰る。

そのことがきっかけとなり、久太郎は犬派と猫派の抗争に巻き込まれていく。

久太郎が「猫の玉之丞」 にえさをやるのに四苦八苦する姿は、猫の習性をとらえた “いかにも” なシーンで笑える。

北村さん演じる “猫侍”、眉間にしわを寄せて歩く姿はとがったオーラが全開。玉之丞は久太郎だけでなく、猫番のお梅の心のすき間も埋めてくれる存在。

映画版「猫侍」は、全国で公開中!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
猫侍 北村一輝 映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。