So-net無料ブログ作成
AKB48 支援ライブ ブログトップ

AKB48 支援ライブ [AKB48 支援ライブ]

東日本大震災から丸3年、「AKB48」グループ が岩手、宮城、福島の被災3県を訪問し復興支援ライブを行った。

専用劇場4カ所でも特別公演を開催し、7会場を中継で結んで復興応援ソング「掌が語ること」 をメンバー266人で大合唱した。

前しか向かねえ

仙台市出身で被災メンバーの岩田華怜さんらと宮城県石巻市を訪問した大島優子さんは、今回がAKB48メンバーとしては最後の被災地訪問。

「私自身、AKB48を卒業した後も、何らかの形で自分なりに被災地の皆さんを応援する活動を続けていきたいと思っています」 と呼びかけた。

グループは震災後 「誰かのために」 プロジェクトをスタートさせ、募金活動をはじめ定期的な被災地訪問活動などを続けてきた。

震災が起こった午後2時46分には、メンバーがそれぞれの場所で黙とうを行い犠牲になった人々に哀悼の意を表した。

被災した当時、小学6年生でAKB48の研究生のオーディションを受けていたという岩田さん。

「ふるさとのために自分に何ができるのかを考えたときに、やっぱりAKB48に入りたいと思い、決意をして、それからもう3年がたちました」 と振り返る。

柏木由紀さん、峯岸みなみさんらと岩手県宮古市を訪問した渡辺麻友さん。

「皆さんと触れあえて握手もさせていただけて、たくさん話せて、本当にこうして喜んでもらえることがうれしいです」 とコメント。

高城亜樹さん、NMB48の山本彩さん、HKT48の指原莉乃さんらとともに福島県南相馬市を訪問した島崎遥香さん。

「自分自身、AKB48としてもできることをこれからも続けていこうと思いますし、3月11日だけではなく、ずっと皆さんに東北のことを考えていってほしい、心に留めておいてほしいと思いました」 と話した。

高橋みなみさんは 「被災地への訪問活動は先月で34回を数え、3月11日は毎年特別公演を行っています。私たちがこの日を思ってステージに立つことで、たくさんの方々が、今日この日が東日本大震災の起きた日であり、そして、忘れてはいけない日なんだと思っていただけたらと思います」 と訴えた。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
AKB48 支援ライブ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。