So-net無料ブログ作成
トム・クルーズ ALL YOU NEED IS ブログトップ

トム・クルーズ ALL YOU NEED IS KILL [トム・クルーズ ALL YOU NEED IS]

桜坂洋さんの小説をトム・クルーズさん主演で映画化する 「ALL YOU NEED IS KILL」。

ダグ・ライマン監督とプロデューサーのアーウィン・ストフさんが特別映像を引っさげてこのほど来日。

トム・クル-ズ 非公認伝記

東京都内の劇場で作品のプレゼンテーションを兼ねた特別上映会が開かれ、ライマン監督とストフさんがプレゼンテーションを行うのは東京、大阪のほか、撮影場所となったロンドン、スペイン・マドリードの4都市のみ。

上映会では24分間の特別映像と主演のクルーズさんによる3分間のメッセージ映像が流れ、会の途中では原作者の桜坂さんも登場し映像を見た感想や撮影現場を訪れた際のエピソードを語った。

いかなる軍事力をもってしても対抗不可能な “侵略者” と人間が壮絶な戦いを繰り広げる近未来を舞台に、同じ1日を繰り返し生きていることに気付いた一人の兵士の運命を描くSFアクション。

主人公のウィリアム・ケイジを演じるのがクルーズさんで、エミリー・ブラントさんが特殊部隊の軍人リタ・ブラタスキ役で出演している。

特別映像の前に上映されたクルーズさんからのメッセージ映像では、原作を 「日本の作家によるユニークな作品」 と評した。

4年前に映画化の権利を取得してから、プロデューサーや監督、共演者らと一丸となって製作を進めてきたことを明かした。

原作では “機動ジャケット” と呼ばれる、1体36キロ、装備によっては55キロもあるエクソスーツ(ex-skeleton suit) を身につけたアクションが見どころの一つと語る。

映画「ALL YOU NEED IS KILL」 は、7月4日より2D/3D同時公開。
トム・クルーズ ALL YOU NEED IS ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。