So-net無料ブログ作成
吉高由里子 朝ドラ 花子とアン ブログトップ

吉高由里子 朝ドラ 花子とアン [吉高由里子 朝ドラ 花子とアン]

吉高由里子さん が主演を務める、NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「花子とアン」 がスタートする。大ヒットした 「あまちゃん」 の能年玲奈さん。

それを上回る高視聴率を記録した 「ごちそうさん」 の杏さんに続く新たな “朝の顔” となる吉高さんが、名作「赤毛のアン」 の翻訳者・村岡花子を演じる。

花子とアン
【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)


ドラマは、花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾万丈の半生を、中園ミホさんの脚本で描く。原案は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。

花子は山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学ぶ。故郷での教師生活をへて、翻訳家の道へと進んだ人物。

吉高さんが10~50代の花子を演じ、花子の親友・葉山蓮子役を仲間由紀恵さん伊原剛志さん、室井滋さん、黒木華さんらも出演する。

第1週「花子と呼んでくりょう!」 では、花子の少女時代が描かれる。1900年、甲府の貧しい小作農家に生まれた安東はな。

尋常小学校へも通わず家事や子守に精を出し、母・ふじや祖父・周造、兄妹たち家族を助けた。行商先から久しぶりに帰った父・吉平に、お土産の絵本を。

字も読めないのに目をきらきらと輝かせ、父に小学校へ連れていかれると数日で字を覚え夢中で本を読みふけるようになる。

娘の才能をかいま見た吉平は、はなを東京の女学校へ入学させようと画策する……という展開。

主題歌は、シンガー・ソングライターの絢香さんが歌う「にじいろ」。
ドラマはNHK総合毎週月~土曜午前8時ほかで放送。全156回。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

吉高由里子 朝ドラ 花子とアン [吉高由里子 朝ドラ 花子とアン]

吉高由里子さん 主演の、NHK連続テレビ小説「花子とアン」 がスタート。

大ヒットした「あまちゃん」 の能年玲奈さん、高視聴率を記録している「ごちそうさん」 の杏さんに続く新たな “朝の顔” に。

花子とアンへの道
【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)


吉高さんは「朝ドラは学校行くときに、テレビでついていたなあ……。誰かの日常に添えられている15分と思うと緊張するし、ワクワクする。へらへらしていられない」 と。

原案は、花子の孫・村岡恵理さんの著書「アンのゆりかご」。花子は山梨の貧しい家に生まれ東京の女学校で英語を学び、故郷で教師生活をへて翻訳家の道に。

モンゴメリの名作「赤毛のアン」 の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる波瀾万丈の半生を、中園ミホさんの脚本で描く。

吉高さんは、10~50代の花子を演じ活躍に期待がかかる。仲間由紀恵さんや室井滋さん、伊原剛志さんらも出演する。

撮影現場で頼りにするのが、「天うらら」以来16年ぶりに朝ドラに出演する仲間さん。演じる葉山蓮子は、花子と女学校で出会い最初は周囲から浮いた存在だったがやがて親友となる。

朝ドラの撮影はハードスケジュールといわれ、「しんどいところはありますが(歴代ヒロインが) みんなやっていたと思うと、文句は言えません」 と大役に強い意志。

完成したドラマの1週目を見たときはいろんな思いが去来したといい、「フレッシュで朝の顔だな……と思った(笑い)。ほっとしたり、くすぐったい部分もあった」 と。

「花子とアン」は、NHK総合で毎週月~土曜午前8時放送。全156回。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
吉高由里子 朝ドラ 花子とアン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。