So-net無料ブログ作成
小栗旬 BORDER ブログトップ

小栗旬 BORDER [小栗旬 BORDER]

小栗旬さん が、主演を務める連続ドラマ「BORDER」 がスタートする。直木賞作家・金城一紀さんが原案・脚本を手がけたオリジナル作品。

銃撃事件で頭部に被弾し、一度は死んだものの奇跡的に蘇生した刑事・石川安吾。被害者の死者から証言を聞き出し、事件を解決しようと奔走する。

旬刊小栗

石川をライバル視する刑事を青木崇高さん、石川の理解者となる特別検視官を波瑠さん、石川の上司を遠藤憲一さん、謎の情報屋を古田新太さんが演じる。

第1話「発現」 では、石川が仕事に復帰した直後に一家惨殺事件が起こる。現場に向かった石川は、泣き出しそうな男の子を目撃。

周囲には見えない男の子の正体は殺害された一家の息子で、さらに殺された夫婦も石川の前に現れて 「犯人を捕まえてほしい」 と懇願する。

捜査本部は一家が新興宗教の信者だったことから教団信者のある人物をマークするが、石川の前に再び殺された一家が登場し意外な真犯人を告げる…。

小栗さんは、“死者と対話できる” という特殊能力を持った刑事を演じる。主人公の石川は、小栗さんをイメージして作り上げたそうです。

主題歌は、「MAN WITH A MISSION」 の 「evils fall」 です。

ドラマ「BORDER」 は、毎週木曜午後9時に放送。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

小栗旬 BORDER [小栗旬 BORDER]

小栗旬さん が、連続ドラマ「BORDER」 で初めて主演を務める。ドラマは、直木賞作家・金城一紀さんが原案・脚本を手がけたオリジナル作品。

“死者と対話できる” という、特殊能力を手にした主人公の刑事・石川安吾を演じる。金城さんは、物語を小栗さんをイメージして作り上げた。

旬刊小栗

小栗さんは一度死を経験し、死者の姿が見えるという役どころについて 「こればかりは実際に演じてみないとわからないというのが正直な気持ち」 と話す。

「彼(石川) が遭遇している信じがたい状況を “信じる力” が必要になってくる。この作品を自分の新たな代表作にすべく、走り続けたいと思います」 と意気込む。

ある銃撃事件で頭部に被弾し、一度は死んだものの奇跡的に蘇生した刑事・石川。被害者である死者から証言を聞き出し、事件を解決しようと疾走する。

金城さんは「生者と死者のBORDER(はざま) にいる主人公の石川安吾は必然的に陰影に富み、難しいキャラクターですが、彼を演じられるのは小栗さんしかいないと思いました」 とキャスティング理由を説明。

ドラマについては「映像化は難しいと思われる冒険作を、キャスト・スタッフの皆さんがどう料理してくださるのか、期待は募る一方です」 と期待を寄せている。

石川をライバル視する刑事・立花雄馬を青木崇高さん、石川の理解者となる特別検視官・比嘉ミカを波瑠さん、石川の上司・市倉卓司を遠藤憲一さんが演じる。

ドラマ「BORDER」 は、10日から毎週木曜午後9時に放送。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
小栗旬 BORDER ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。