So-net無料ブログ作成
宮沢りえ ドラマ ブログトップ

宮沢りえ ドラマ [宮沢りえ ドラマ]

宮沢りえさん が、WOWOWの連続ドラマ「グーグーだって猫である」 に主演。小泉今日子さんの映画化もされた、「飼い猫とのいとおしい日々」 を描いた大島弓子さん自伝的マンガが原作。

神様のボート

麻子は長年飼っていた愛猫の “サバ” が突然息を引き取り、それ以来マンガが描けなくなってしまう。

ある日、公園を散歩していると病気の子猫を連れたホームレスと出会う。

彼と何度か顔を合わせるうちに子猫の病気を治してあげたいと思い、無断で子猫を病院に連れて行くが……という物語が展開される。

愛猫の死に揺れる主人公のマンガ家・小島麻子を演じ、脚本は高田亮さんで、映画版と同じ犬童一心監督がメガホンを取る。

ドラマ版は、原作の世界観を踏襲しながら連続ドラマとして新たなアプローチで再構築するオリジナルストーリー。

宮沢さんは「大島先生のファンの方々が面白いと思ってくださるような作品にしたい。キラキラとした日常が流れていく一方で、モノをつくるアーティストとしての葛藤や苦悩をリアルに出せたらいいなと思っています」 と意気込み、

犬童監督は「彼女の演技にはいつもしっかりアイデアがあり、誠実で、でもそれでいながらあけっぴろげで大胆です。見ていると心がいっぱい揺れてしまいます。そして、美しい。生涯そう出会うことのない息をのむ美しさだ」 と絶賛している。

ドラマ「グーグーだって猫である」 は、今秋放送予定。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
宮沢りえ ドラマ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。