So-net無料ブログ作成
能年玲奈 主演映画 実写 ブログトップ

能年玲奈 主演映画 実写 [能年玲奈 主演映画 実写]

人気マンガ「海月姫」 が実写映画化され、能年玲奈さん が主演する。

「海月姫」 は東村アキコさんの原作で、マンガ誌「Kiss」 で連載されコミックス13巻までで累計発行部数270万部を突破する人気作。

海月姫
【送料無料】海月姫(01) [ 東村アキコ ]

【送料無料】海月姫(01) [ 東村アキコ ]
価格:463円(税込、送料込)


能年さんは「私もクラゲを見るのは好きですし、あとウミウシも好きです」 といい、「そんなところから入っていけたらいいのかな?と思っています。頑張らせていただきます」 と “能年節” で意気込みを語っている。

「海月姫」は、クラゲをこよなく愛する、オタク女子。第34回講談社漫画賞少女部門を受賞し、テレビアニメ化された。

「男を必要としない人生」 を掲げ自らを 「尼~ず」 と称するオタク女子たちが暮らす、男子禁制のアパート・天水館が舞台。

ある日美しい女装男子が現れたことで、住人たちが少しずつ変化していく… というストーリー。

天水館に出入りする女装男子・蔵之介役で菅田将暉さん、その異母兄・修役で長谷川博己さん。

天水館に暮らす 「尼~ず」 のオタク女子メンバーとして、池脇千鶴さん、太田莉菜さん、篠原ともえさん、「アジアン」 の馬場園梓さんも出演する。

メガホンは川村泰祐監督が取り、脚本は大野敏哉さんが担当。衣装デザインは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの衣装を手がける飯嶋久美子が務める。

能年さんは、作品の魅力を「尼~ず」 といい自身も「チューチューオタク」 と告白してます。

「実家ではタオルケットのことをチューチューと言っている」 といい、普段から手放せず 「撮影の時も持って行っています」 と自身の “癖” を語っている。

映画「海月姫」 は、12月に公開予定。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
能年玲奈 主演映画 実写 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。