So-net無料ブログ作成
小栗旬 ドラマ BORDER ブログトップ

小栗旬 ドラマ BORDER [小栗旬 ドラマ BORDER]

小栗旬さん が、主演ドラマ「BORDER」 で衝撃の爆破シーンに挑戦したそうです。

爆風に吹き飛ばされるシーンでは、撮影が行われたグラウンドの上を転がり、芝生や土を体中に付けるなどリアリティーを追求したという。

情熱大陸×小栗旬 プレミアム・エディショ

遠藤憲一さん、青木崇高さんとともに爆風に飛ばされるアクションを終えた小栗さんは 「思った以上に大きい爆破! 『犯人を捕まえてやる』 という思いがより強くなりました」 と手応えを語っている。

ある銃撃事件で頭部に被弾し一度は死んだものの奇跡的に蘇生し “死者と対話できる” 特殊能力を手にした刑事・石川安吾が、被害者である死者から証言を聞き出し事件を解決しようと奔走する姿を描いている。

ドラマは、直木賞作家・金城一紀さんが原案・脚本を手がけるオリジナル作品。爆破シーンが登場するのは、第4話です。

死体に爆弾を仕掛けるという残忍な手口の連続爆破事件の現場に捜査1課の刑事・石川、立花雄馬、市倉卓司が駆け付ける中、特別検視官の比嘉ミカが死体を動かそうとした瞬間に大爆発が起き……といシーン。

爆風に飛ばされる小栗さんら3人は、ワイヤで後ろに引っ張られるアクションに挑んだ。

第3話では、小栗さん演じる石川が団地内で遺体となって発見された被害者と “交信” し、やがて遺体発見現場で見た死者の姿と目の前の遺体の顔が違っていたことから被害者が整形していることに気付く。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
小栗旬 ドラマ BORDER ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。