So-net無料ブログ作成
綾瀬はるか 映画化 ブログトップ

綾瀬はるか 映画化 [綾瀬はるか 映画化]

綾瀬はるかさん 主演の「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」 は、松岡圭祐さんのミステリー小説「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを映画化。

完成披露会見が開かれ、綾瀬さんをはじめ松坂桃李さん、初音映莉子さん、村上弘明さん、メガホンをとった佐藤信介監督が登場した。

原色 綾瀬はるか

日本映画としては初めてパリのルーブル美術館で本格撮影されるなど、佐藤監督が「比類のない、見たことのないような謎に包まれた作品になった」 と自信を。

会見では、ルーブル美術館での撮影で印象的な出来事を聞かれた松坂さんが、綾瀬さんが館内のフロアで 「お眠りになっていた」 ことを暴露。

綾瀬さんふんする “天才鑑定士” 凜田莉子が、名画「モナ・リザ」 に隠された謎と贋作をめぐる陰謀に巻き込まれながら真相に迫る。

松坂さんが演じるのは、莉子とともにモナ・リザの謎に迫る雑誌編集者の小笠原悠斗役。

莉子を今回のミステリアスな事件に誘うきっかけを与える、ルーブル美術館アジア圏代理人兼調査員の朝比奈役に村上さん。

莉子とともにルーブルの臨時学芸員選抜試験を受ける絵画鑑定のプロ、流泉寺美沙を初音さんが演じている。

舞台に設置された “モナ・リザ” の目がギョロッと動き、 “カメラ目線” になる趣向も凝らされこれには監督もキャストも驚いたり笑ったりしていた。

映画「万能鑑定士Q モナ・リザの瞳」 は、5月31日から全国で公開。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
綾瀬はるか 映画化 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。