So-net無料ブログ作成
バクマン。 実写映画化 ブログトップ

バクマン。 実写映画化 [バクマン。 実写映画化]

2人の少年がマンガ家として成長する姿を描いた、人気マンガ 「バクマン。」 の実写映画化が決定。主演の2人を佐藤健さんと神木隆之介さんが演じる。

真城最高役を佐藤さん、高木秋人役を神木さんが演じ、大根仁監督が手がける。10~13年の、3シーズンにわたってアニメ化もされた。

バクマン。
【送料無料】バクマン。(6) [ 小畑健 ]

【送料無料】バクマン。(6) [ 小畑健 ]
価格:432円(税込、送料込)


「バクマン。」 は、原作・大場つぐみさん、作画・小畑健さんのマンガ。コミックス全20巻、累計発行部数1500万部を超えるヒットを記録。

主人公で絵が得意な高校生・最高が、秀才でマンガ原作家志望の秋人に誘われてコンビを組む。週刊少年ジャンプで連載する夢をかなえて、二人三脚で奮闘。

神木さんは「本当に大好きなマンガで、すり減るほど読んでいたのでとてもうれしい」 と喜んでいる。

佐藤さんは「日本のマンガ、ジャパニメーションの歴史、現実、そして素晴らしさを世界中の人たちに伝えられるよう、自分にできることを精いっぱいやらせていただきます」 と意気込みを語っている。

大根監督は「主演のコンビは佐藤くん、神木くんを希望していたのでバッチリのキャスティングです」、自身が「小学生の時に挫折したマンガ家になる夢を最高と秋人に託して、映画を作ります!!」 と熱いコメント。

映画「バクマン。」 は、2015年に公開予定。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
バクマン。 実写映画化 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。