So-net無料ブログ作成
軍師官兵衛 桐谷美玲 ブログトップ

軍師官兵衛 桐谷美玲 [軍師官兵衛 桐谷美玲]

「V6」の岡田准一さん が豊臣秀吉の軍師・黒田官兵衛役で主演を務める「軍師官兵衛」 で、桐谷美玲さんが摂津国有岡城主・荒木村重の正室・だしを演じる。

だしは、夫とともに官兵衛と親交を深めていたが、突然村重が信長に謀反を起こし説得に来た官兵衛を牢に閉じ込めてしまう。

軍師官兵衛(1) NHK大河ドラマ

1年間にわたる幽閉生活で絶望した官兵衛だったが、だしの存在が生きる希望となる。“絶世の美女” という設定に 「どうしようという戸惑いがあります」 と恥ずかしそうに語った。

桐谷さんは、時代劇も大河ドラマも初挑戦という出演が決まったときの心境を 「大丈夫かなあと不安でしたが、うれしかった」 と振り返る。

「撮影に入ったときは緊張して、リハーサルもやるけれど、セットに入って、皆さんで合わせたときに(緊張で) せりふが飛んだこともありましたね」 と。

桐谷さんが演じるだしについては 「“絶世の美女” というところにどうしようという戸惑いがありますが……」 と笑った。

「だしは見た目以上に賢い人。意志の強い女性。現在の私にとってもすてきだと感じます」 と目を輝かせた。

幽閉された官兵衛の生きる希望となる重要な役どころだが、岡田さん演じる官兵衛の印象は 「全部カッコいい」 と目を輝かせる。

だしは、夫の村重が城を見捨てて脱出したあとも城に残り最期の時を迎えたそうです。

一見、悲劇のヒロインに見えるが、「悲劇といわれれば悲劇。でもそれがだしの運命だし、精いっぱいだしらしく生きた結果。逃げなかっただしの強さを感じるので悲劇的とは思わない。つらいこともだしが選んだ道だと思う。(夫の) 村重の目をかいくぐって官兵衛を助けたいという思い。そこを大事に演じたいです」 と力強く語った。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
軍師官兵衛 桐谷美玲 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。