So-net無料ブログ作成
花子とアン NHK朝ドラ 吉高由里子 ブログトップ

花子とアン NHK朝ドラ 吉高由里子 [花子とアン NHK朝ドラ 吉高由里子]

吉高由里子主演の NHK朝ドラ「花子とアン」 で、モデルで翻訳家の村岡花子さんの母校・東洋英和女学院で開催中の史料展示「村岡花子と東洋英和 2」 が好評だ。

学院史料室の酒井ふみよさんは、「約半年ごとに内容を変えて展示を行っているが、今までの展示では学外の見学者はほぼゼロに近かった。今回は異例の数」 と驚いている。

花子とアンへの道 本が好き、仕事が好き、ひとが好き

ドラマが始まった4月から、毎週約100人の見学者が訪れているという。学内の展示コーナーには、村岡さんの写真や直筆原稿、学内の機関誌に掲載された寄稿やインタビューなどが集められている。

主人公・はなが通う修和女学校のブラックバーン校長のモデルとされる、学院の前身・東洋英和女学校で1890(明治23)年から約30年間校長を務めたブラックモア校長の言葉。

ドラマで浅田美代子さん演じる寮母のモデルとされる人物の写真なども見ることができ、ドラマの世界とリンクさせて楽しむことができる。

酒井さんによると、見学者を集計し始めた3月27日から5月10日までの見学者は約600人で、50~70代を中心に女性の見学者が大半を占めるという。

「村岡花子さんが東洋英和で学んだ環境や雰囲気、大事になさっていたことを感じていただけたらと思う」 と話している。

史料展示「村岡花子と東洋英和 2」 は、東洋英和女学院六本木校地の本部・大学院棟1階ロビーで9月末まで開催。見学無料。

見学可能時間は、日曜祝日以外の午前9時~午後8時。土曜は午後7時。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能
花子とアン NHK朝ドラ 吉高由里子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。